2018年9月30日日曜日

スプリンターズS[回顧]

この秋もG1だけは回顧を書いていく予定です。

1着 ○ファインニードル(1人気)
2着 ☆ラブカンプー(11人気)
3着  ラインスピリット(13人気)

勝ちタイムは、1:08.3(稍重)。上がり35.3。
この日は重スタートだったが、稍重へと少し回復。
少し時計のかかる馬場。

11.7-10.3-11.0-11.3-11.5-12.5
前半3F33.0 後半3F35.3
ハイペースバランスだが、G1としては前半3Fは普通程度で、稍重馬場の分、上がり1Fがかかったという印象。

1着○ファインニードルは、春夏連覇はお見事。

2着☆ラブカンプーは、前走も今回もハイペースバランスで粘り込んだ強い内容。
競馬に詳しい人ほど、この馬を軽視したのでは?
夏の重賞を3走しているし、調教が併走大幅遅れ。
調教走らないタイプとはいえ、気になる調教内容だった。
でも森田師は「筋肉量が増えている」と調教の遅れを気にしていなかった。
私は半信半疑で◎にできず、☆にとどめました。

3着ラインスピリットは、直線前が詰まった。
それがなければ2着1着争いがあったかも(でも詰まったことが最後の伸びにつながった面もあるかも?)。
G2G3で5着級の馬がG1で3着は、やはり武豊騎手への乗り替わりが大きかったか。
(個人的には、森一馬騎手のままだったら3連複的中だったのにと思ってしまう^^)

4着◎ダイメイプリンセスは、出遅れ。
スタート直後最後方を見たときは、あきらめました。
4角で内をすくったことで、4着にこれた。
出遅れなければと思ってしまうが、森田師はレース後「疲れてて少し硬かった」とのコメント。
前走後の疲れの影響があったか。
北九州記念後、(セントウルSを)使えたラブカンプーと、使えなかったダイメイプリンセス。
調子が良かったのはラブカンプーの方だったいう結末。
調教の動きだけではわからない競馬の難しさ。

5着△レッツゴードンキは、上がり1位でも完敗。
3季連続スプリントG1を2着の後、6歳秋でややピークを過ぎたかも?

6着△ワンスインナムーンは、驚きの3人気。
私も週中は◎予定でしたが・・・
昨年は33.9-33.7の逃げ、今年は33.0-35.3の逃げできつかったか。

7着▲ナックビーナスは、気性面で馬群の内の競馬かラチを頼る競馬で好走する馬(詳しくは某常勝競馬ブログを参照)。
外では力を出し切れないのか?

14着△アレスバローズは、馬場のせいでこれだけ負けるのか?


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの記入者は、「名前/URL」または「匿名」を選択してください。できれば、「名前/URL」を選択し、適当なハンドルネームを記入して頂ければ有り難いです。
画像認証が出現した場合、画像上方に指定された単語にあてはまる画像を選択して下さい。
なお、iPhoneからのコメントは困難かも?(アンドロイドスマホは可能)。