2018年7月14日土曜日

函館記念【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「函館札幌実績」
「先行~中位」
「前走巴賞(完敗)」

マイネルハニー
巴賞3人気8着は、いかにもこのレースの穴馬っぽい。
前走は休養明けのせいだと解釈すれば、叩いての変わり身期待。

○トリコロールブルー
▲ブレスジャーニー
エテルナミノル  スタート良ければ。
△エアアンセム
△スズカデヴィアス
△ナイトオブナイツ


2018年7月7日土曜日

七夕賞【予想】

昨年も今年も12頭。かつての波乱は望めない?

過去の穴馬に多いのは、
「5歳6歳」
「夏実績」(6月~9月)

マイネルミラノ
2走前重賞2着だから、衰えはなさそう?
展開には恵まれそうだ。
あとは、田辺騎手起用がいい方に出れば。

○サーブルオール
▲マイネルフロスト
メドウラーク  昨年の3着3回は重不良、雨降れば
△レイホーロマンス
△プラチナムバレット
△キンショーユキヒメ


プロキオンS【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「前走がOP特別(完敗)」
「左回り実績」「1400m実績」
「夏実績」

ドライヴナイト
前走はペースも速かったが、休養明けの影響もあったのではないか?
2走前は逃げて上がり1位の強い内容だし、昨秋から本格化を思わせるものがある。

○ウインムート
▲インカンテーション
ブラゾンドゥリス  2年前7月中京準OP完勝、左回り5勝
△キングズガード
△ドリームキラリ
△マテラスカイ


2018年6月30日土曜日

ラジオNIKKEI賞【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「前走東京(完敗)」
「中山実績、福島実績」
「重賞」か「G1トライアルOP特別」か「古馬1000万下特別」に出走あり
「53~55キロ」

ロードアクシス
「1800mあたりがベストの感じ」とは前走後の酒井騎手のコメント。
2走前が福島1着で、ハンデは手ごろ。
昨年9人気3着ロードリベラルと同じブレイクランアウト産駒。
内枠を利してうまく立ち回って欲しい。

○フィエールマン
▲イェッツト
シセイヒテン  先行粘込期待 騎手・調教師・馬主すべて福島
△メイショウテッコン
△グレンガリー
△キューグレーダー


CBC賞【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「重賞3着内実績」
「1400m(以上)実績」「距離短縮」
「5歳(+6歳)」
「先行(近年)」

ナガラフラワー
夏は牝馬の勢いに賭けてみる。
エルフィンS2着や1600m2勝があり、1400m以上実績がある馬である。
ナガラは地元馬主でもある。
高倉騎手は一度騎乗があり10人気4着だから大丈夫だろう。

○ペイシャフェリシタ
▲アサクサゲンキ
フミノムーン  3走連続上がり1位、展開はまれば。
△ダイメイフジ
△アレスバローズ
△ダイメイプリンセス