2019年7月13日土曜日

函館記念【予想】

ほぼ毎年、2着3着が穴馬という波乱レース。
過去の穴馬に多いのは、
「函館札幌実績」
「先行~中位」(追込でない)
「高齢馬」
「重賞3着内実績」

ドレッドノータス
雨は降らなさそう?先行馬が少ない、ということで前に行く馬を狙うことにします。
前走はたまたまスタートが悪かったが、いつも先行する馬。
5勝すべてが2000m、京都2歳S1着やアンドロメダS1着があり、内回りを得意とする。
落ち着いた流れなら、好戦可能ではないか?

○マイスタイル
▲ステイフーリッシュ
ブラックバゴ  五稜郭S1着、昨年函館記念4人気10着は久々のせい?
△エアスピネル
△レッドローゼス
△ナイトオブナイツ


2019年7月6日土曜日

七夕賞【予想】

雨はどの程度なのか?
(過去20年で重不良は一度もない)
過去の穴馬に多いのは、
「上がりかかるレース向き」
「差し馬」
「5歳6歳」<降級廃止前>
「12番以内」

ウインテンダネス
福島2000で2勝しているが、下級条件なのであてにはならない。
が、このメンバーなら2000mでもやれるのではないか?

○ロシュフォール
▲クリノヤマトノオー
アウトライアーズ  小回りで上がりかかるレースが適
△ミッキースワロー
△クレッシェンドラヴ
△ストロングタイタン


プロキオンS【予想】

過去10年の穴馬は少ない。
「前走がOP特別(完敗)」
「左回り実績」
「1400m実績」(特に芝スタート)
「夏実績」

ウインムート
前走は逃げて上がり1位。
58キロが嫌われたのか?、有力8頭の中で最も人気薄。
芝実績があり高速OK、昨年3着、川田騎手、〇との行った行ったに期待してみる。

○マテラスカイ
▲ヴェンジェンス
ドンフォルティス  ジャパンダートダービー2人気馬復活あれば
△サクセスエナジー
△アルクトス
△ミッキーワイルド


2019年6月29日土曜日

ラジオNIKKEI賞【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「中山実績、福島実績」(京都内実績)
「前走東京(完敗)」
「53キロ」(~55キロ)
「前走1800mではない」

ヒルノダカール
京都内回りで2勝。このレースは向きそう。
前走は直線前が壁になり、スムーズに追えなかった。
2走前は、2着4着馬が次走1着で、3着馬は京成杯3着馬で、レベルは低くないはず。
道悪がどうかだが、タフな馬場になれば2000m実績馬に向きそう?

○ヒシイグアス
▲ディキシーナイト
サヴォワールエメ  前走は上がり速過ぎ、今回の方が向くかも
△ブレイキングドーン
△マイネルサーパス
△ゴータイミング


CBC賞【予想】

今週の2重賞は、ハンデ戦のうえに道悪馬場。
当たるかどうかは運次第?

過去の穴馬に多いのは、
「重賞3着内実績」
「1400m(以上)実績」

ラベンダーヴァレイ
チューリップ賞3着がある。
(シンハライト・ジュエラーの次で、デンコウアンジュやクロコスミアなどに先着)
そこから条件クラスで低迷気味だが、前走は1着3着の牡馬と同斤量で2着。
51キロなら好走できるのでは?

○レッドアンシェル
▲アウィルアウェイ
メイショウケイメイ  50キロ秋山騎手、前に行ければ
△セイウンコウセイ
△ショウナンアンセム
△アレスバローズ


2019年6月23日日曜日

宝塚記念[回顧]

思いがけない強い勝ち方。

1着 △リスグラシュー(3人気)
2着 ○キセキ(1人気)  <3馬身>
3着  スワーヴリチャード(6人気) <2馬身>

勝ちタイムは、2:10.8(良)。上がり35.3。

今年は宝塚記念としては速めの馬場。
過去10年では2番目に速いタイム。
それでも、騎手コメントでは馬場が緩いという。

1着との差は、2着との差が0.5秒、3着との差が0.8秒、5着との差が1.3秒。
道悪のような大きな着差のつきかた。

12.6-11.4-11.5-12.4-12.1-11.9-12.0-11.6-11.5-11.4-12.4
前半3F35.54F47.95F60.0 後半5F58.94F46.93F35.3

阪神2200の3F目と4F目の11.5-12.4の変化は気にしてはダメだというのが、Mahmoud氏の過去の指摘にある。
(阪神2200の前半3F地点の計測は怪しいらしい)(11.7-12.2くらいに思っておきます)
緩みはないが、スローバランス。

1着△リスグラシューは、まさかの2番手追走からの上がり1位(2位より0.5秒速い)。
思いがけない強い勝ち方。
(父ハーツクライが先行でディープを負かした有馬記念を思い出す)
本格化した、ということなのだろう。

個人的には、日本のG1で最も凱旋門賞に適性が近いのは宝塚記念ではないか、と思っているのです。
(2010年ナカヤマフェスタ、宝塚記念1着→フォワ賞2着→凱旋門賞2着)
リスグラシューの血統表は、サンデー以外は欧州血統ばかりだ。
こういう馬が凱旋門賞に出走して欲しいと個人的には思う。
(今さらこんなことを言っても仕方ないですけど)

2着○キセキは、相手が強かった(ジャパンCもそうだった)。
ただ、前半の行きっぷりが悪くなっている。

3着スワーヴリチャードは、好走なのか、力を出し切れていないのか。
個人的には、右回りだとやや落ちると思うのですが・・

4着△アルアインは、距離なのか?底力に欠けるのか?

5着▲レイデオロは、力を出せていない。
一時的な不調なのかどうか。
「天栄・ルメール」の使い分けがこういう結果では・・・

4人気△エタリオウは、さっぱりで9着。
個人的には、この馬はスロー瞬発力型なのではと思っている。
(脚をためて直線一気が合う馬では?)
今回は状態面かもしれないが、宝塚記念は合わないのでは?

◎としたマカヒキは11着。
最後方から全く伸びず。
状態よさそうな情報だったのに、走れる状態(気分?)になかったのか?
(【追記】札幌記念以降、一度も休養がなく、今回が一番間隔が開いていて在厩調整だった)


このレースは、「適性」と「状態」の各馬の差が大きいですね。
牝馬は、この季節、状態面で有利なんでしょう。


2019年6月22日土曜日

宝塚記念【予想】~シングルベッド~

過去の穴馬に多いのは、
「阪神内実績、中山実績」
「G1実績」
「ここ目標のローテ」(特に叩き2走目)

マカヒキ
穴馬の選択肢が少なく、穴党の私にとってはあまりおもしろくないレース。
(上位人気は拮抗していて、一般の人は予想が面白いかもしれないですが)
ダービーまでは瞬発力型のイメージだったが、古馬になってからは上がりがかかるレースが向いている印象。
宝塚記念は向きそうに思える。
ただ、土曜が思ったより時計が速めだったのが心配。
(阪神地方は土曜夕方雨が降ったが、局地的なので阪神競馬場にどの程度降ったのかどうか?)
良馬場でもキセキに緩みのない逃げを打ってもらって、この馬に向くことを期待する。
(15時頃から雨が降ってくれないかな~)

○キセキ
▲レイデオロ
ノーブルマーズ  昨年3着
△リスグラシュー
△アルアイン
△エタリオウ


<G1恒例、私の好きな名曲シリーズ>

「シングルベッド」シャ乱Q  1994年(平成6年)
作詞:つんく 作曲:はたけ
 
2013年結成25周年記念、新録音によるMV
この翌年、つんくの運命は・・・


2019年6月15日土曜日

ユニコーンS【予想】

3着内の多くが3人気以内という堅めのレース。
過去の穴馬に多いのは、
「デビュー戦が芝」  
「キャリア6戦~9戦」

ダンツキャッスル
11戦しているが、ダートは[2.1.0.0]。
前走は逃げて上がり1位(2位と0.5差)。
ダートではまだ未知の能力があると思いたい。
問題は、この距離でも前にいけるのかどうか。

○デアフルーグ
▲デュープロセス
エルモンストロ  ダート2戦、距離短縮もいいか
△ノーヴァレンダ
△ワイドファラオ
△ヴァイトブリック