2020年10月19日月曜日

秋華賞[回顧]


 1着 ○デアリングタクト(1人気)

2着  マジックキャッスル(10人気)

3着 ☆ソフトフルート(9人気)


勝ちタイムは、2:00.6(稍重)。上がり36.4。


土曜は、雨・重馬場で内悪く外伸び馬場。

日曜は、午前中は乾いて内も伸びていたが、午後は再び外伸び馬場、という印象。


10R3勝クラス大原S 1:46.3という良馬場のような好タイム。

それで秋華賞 2:00.6は物足りない。

7R1勝クラス 2:01.4と比べても物足りない。


12.3-10.8-11.8-12.2-12.3-12.7-12.1-12.4-11.9-12.1

前半3F34.94F47.15F59.4 後半5F61.24F48.53F36.4


逃げ馬不在でスローの恐れがあったが、思わぬハイペースバランス(この馬場では)。

先行勢は壊滅した。


1着○デアリングタクトは、横綱相撲で完勝。

もう少し突き放せてもと思うが、まだ状態面で上昇余力があるのかもしれない。


2着マジックキャッスルは、好スタートから中位後方よりの追走、最後はデアリングタクトに食らいついた完璧な競馬。

春より気性面が成長して、位置を取れるようになったし、馬体重も増加。

オークスは残り2F過ぎでデアリングタクトに寄られて追えない不利があった。

この馬を◎にするのが正解でしたか・・・関西での大野騎手に不安を感じてしまったこともあり・・・


3着☆ソフトフルートは、立ち上がったスタートで最後方追走。4角は最大外をまわる。そういった大きなロスが無ければ2着あったかも。

マジックキャッスルもソフトフルートも休養明け2走目でうまく仕上げてきた印象。


4着パラスアテナは、3着とハナ差。

器用さが武器になりそうな馬だったが、スタート悪く後方になってしまった。

この馬を狙った人は惜しかった。


2人気▲リアアメリアは、13着。

左回りやスローが好成績の馬。

それにしても大敗多くよくわからない馬。


3人気△ウインマイティーは、9着。

今回のペースなら位置は悪くなかったはずだが、伸びがなかった。


4人気マルターズディオサは、7着。

この展開・馬場での逃げでは仕方なかった。


◎としたムジカは、8着。

道中ずっとインを通っていた影響もあったかもしれないが、それは秋山騎手の特徴(ロスなく立ち回る)でもあるので仕方ない。

第一に能力不足だったのでしょう(狙うべきは愛知杯?)。



2020年10月17日土曜日

秋華賞【予想】

 過去10年で6人気以下の3着内は7頭だけで意外に?堅め。

過去の穴馬に多いのは、

「重賞3着内あり」

「2走前が、オークスまたは夏の2勝クラス」

「前走ローズS」

「8枠ではない」


ムジカ

秋の上昇馬を狙うか、春G1出走馬を狙うか、個人的には秋の上昇馬を狙いたい。

前走のレースラスト2Fは11.3-11.6で、展開が向いたわけでなく自力で差してきている。

「ローズS好走なのに人気ない」は、過去20年の穴パターンだった。

ただ、2走前までの内容からは意外な好走で、もしかしたら左回り向きかも?の心配がありますが・・・


○デアリングタクト

▲リアアメリア

ソフトフルート  前走は少頭数だし2着以下が低レベル。でも勢いが魅力。

△ウインマイティー

△ウインマリリン

△ミヤマザクラ



2020年10月16日金曜日

府中牝馬S【予想】

 

少頭数で馬券的にはつまらない。


過去の穴馬に多いのは、

「1800m実績」

「東京実績」「左回り実績」

「重賞連対実績」


シャドウディーヴァ

フローラS2着・東京新聞杯2着、左回りなら重賞でも通用する。

前走右回りで復調気配、今回左回りで好走期待。


○ラヴズオンリーユー

▲ダノンファンタジー

サムシングジャスト  2走前勝ったコース

△フェアリーポルカ

△トロワゼトワル

△シゲルピンクダイヤ



2020年10月10日土曜日

毎日王冠【予想】

 ・休養明けでG1に臨む馬が多くなった、

・今年から富士SがG2になった。

ということで、毎日王冠にしては、さみしいメンバー。


過去の穴馬に多いのは、

「(中央場所)重賞実績」

「前走春重賞(特にG1)完敗」


トーラスジェミニ

重不良なら、このメンバーならチャンスあるかも?

前2走からの距離短縮もプラスだろう。


○サリオス

▲ザダル

ワンダープチュック  重不良で3勝

△サトノインプレッサ

△ダイワキャグニー

△サンレイポケット



京都大賞典【予想】

 過去の穴馬に多いのは、

「重賞連対実績」(特に直線平坦コース)

「京都実績」

「2000m(前後)実績」


シルヴァンシャー

前走春天大敗は、出走させただけ(坂路オンリー)のような状態で仕方ない。

昨年3着だが、池江調教師「昨年は骨折明け、臨戦過程は今年のほうがいい」というコメントを信じてみる。


○キセキ

▲キングオブコージ

ノーブルマーズ  掲示板多い馬だが、この人気なら3着妙味あり?

△グローリーヴェイズ

△ステイフーリッシュ

△パフォーマプロミス



2020年10月9日金曜日

サウジアラビアRC【予想】

 前走負かした2着馬が次走では大敗という馬ばかり。

今年は低レベルメンバー?


いちょうSの時から堅い傾向。

重賞となって過去5年の穴馬2頭は、

「前走1着」

「前走左回り」

「前走多頭数」


ピンクカメハメハ

台風接近のため前日夜発売が無いので人気が不明で困ります。

前走大敗なのでそれほど人気にならないかも?

不良馬場では気性難の馬が折り合いがつきやすいことがよくある。そこに期待したい。


○インフィナイト

▲キングストンボーイ

カガフラッシュ  2走前のような馬場なら

△ダディーズビビッド

△ジャンカズマ

△スペシャルトーク



2020年10月4日日曜日

スプリンターズS[回顧]

 この秋もG1だけは回顧を書いていく予定です。


1着 ○グランアレグリア(1人気)

2着 △ダノンスマッシュ(3人気)

3着  アウィルアウェイ(10人気)


勝ちタイムは、1:08.3(良)。上がり35.5。

今年の秋の中山芝は、最初から時計がかかっていた。

2年前の稍重1:08.3と同タイム。


11.9-10.1-10.8-11.5-11.9-12.1

前半3F32.8 後半3F35.5

ハイペースだが、2年前は33.0-35.3のハイペースで穴馬2頭は先行馬だった(スプリントG1ではハイペースの方が先行有利となりがち)。

ハイペースだから1着馬3着馬の差しが決まったのではなくて、今年は外差しが決まる馬場だったからだろう。

(ペースではなく、馬場の影響の方が大だと思う)


1着○グランアレグリアは、前半はついていけないが、直線一気の末脚がケタ違い。


2着△ダノンスマッシュは、出遅れから好位追走、直線は外目に誘導して精一杯頑張ったが、相手が強過ぎた。


3着アウィルアウェイは、最後方追走から、直線大外から伸びた。

個人的には、実績が京都平坦が多くて、中山急坂がどうか?と思ってしまった。

外差し馬場に恵まれたのと、着狙いの乗り方がハマったが、穴馬として狙うべきタイミングではありました(反省)。

インディチャンプの半弟で、近親にはリアルインパクト・ネオリアリズム・アイルラヴァゲインの血統も魅力ではありました。


4着ミスターメロディは、昨年と同じ着順。

右回りG1では、これが精一杯か。


2人気▲モズスーパーフレアは、10着。

2つの面で不運の面もあった。

・馬場が外差し有利だったこと

・ビアンフェの気持ちが高ぶりゲート入り不良、逃げにからんできたこと


4人気△レッドアンシェルは、6着。

平坦コース向きなのか?単にG1ではこの程度なのか?


5人気△ダイアトニックは、13着。

前走大敗は馬場のせいではなく、何かがおかしくなっているようだ。

ただ、最後は前が詰まって追っていないので、着順通りの大敗ではない。


◎としたエイティーンガールは、11着。

直線は前の馬2頭がふらふらして進路が開かず、まともに追えないまま入線。

追えていればどのくらい伸びたかわからないが、不完全燃焼。

3着馬のような競馬を期待したのですが・・・



凱旋門賞【予想】

 凱旋門賞の馬券的魅力は、多頭数で穴馬の食い込みが結構あること。

しかし、禁止薬物検出によりオブライエン厩舎の4頭が出走取消、11頭と馬券的妙味がなくなった。

それで買うのをやめるつもりでしたが、スプリンターズSで私の◎が直線不利で追えず。

不完全燃焼で、やっぱり買うことにしました(これがダメ^^)


ウェイトゥパリス

7歳だが、2走前が初めてのG1制覇で今がピーク。

3走前はソットサスとアタマ差。

不良馬場でこのメンバーなら食い込めるかも?


○エネイブル

▲ストラディバリウス

△ソットサス

△インスウープ

△ペルシアンキング


(☆印は無しとします)