2019年10月20日日曜日

菊花賞[回顧]

最も驚いたのは、5着340キロの牝馬メロディーレーン。

1着 ▲ワールドプレミア(3人気)
2着 ◎サトノルークス(8人気)
3着 ○ヴェロックス(1人気)

勝ちタイムは、3:06.0(良)。上がり36.2。

京都にしては時計がかかる良馬場(実質稍重くらい)。
(昨年3:06.1と変わらないが、昨年はラスト2F10.7-11.3のスローだった)

12.9-12.4-12.3-12.6-12.2(62.4)
-12.2-12.7-12.7-12.5-12.8(62.9)
-12.5-12.0-12.0-11.8-12.4(60.7)
前半3F37.64F50.2 後半4F48.23F36.2

スロースタートだったが、中盤は大きく緩まなかった。
それで上がりもそれほど速くない。
全体的には、ほぼ平均ペースに近い。

4着5着馬の血統からも、スタミナが要求された馬場と流れ。

1着▲ワールドプレミアは、スタートは出していって、好位のインにおさまり、3角から他馬が動くのを横目に直線向くまでじっとして、全く無駄のない、さすが武豊騎手。
ワールドエースの全弟という素質が、菊で花開いた。
前走も一見物足りないが、自身上がりはサートゥルナーリアと同じ32.3だった。

2着◎サトノルークスは、個人的にひそかに希望していたような騎乗を福永騎手がやってくれた。
前半は馬に合わせて無理をしない(中位後方寄り)。
1着馬との差は、4角の内外の差か。
この馬が前走2勝クラス1着馬なら、もっと穴人気していたのでは?
皐月賞・ダービーの頃とは違って、心身ともに成長している。
タッチングスピーチの全弟が本格化してきた。

3着○ヴェロックスは、結果的には距離が少し長かったのか?
川田騎手は、サトノルークスについて前走後「距離延長はよくなさそう」とコメントしたのが皮肉な結果。
押し出された1番人気ではありましたが。

4着ディバインフォースは、ワークフォース(凱旋門賞馬)産駒でスタミナ勝負が向いた。

5着メロディーレーンは、340キロの牝馬で。前走斤量49キロから今回55キロ。
これは、すごいスタミナ型牝馬。

6着レッドジェニアルは、少し足りなかった。
個人的には、◎はこの馬とサトノルークスの2択でしたが、
どちらがG1級(の素質)かと考えた場合、サトノルークスを選択しました。

7着☆タガノディアマンテは、まくりで見せ場作った。
個人的には、使える脚は短いのでもう少し待ってもよかったのではと思う。

2人気△ニシノデイジーは、9着。
ルメール騎手は「スタミナ勝負になってほしかった」と言っているが、これは逆でしょう。
そんなスローではなくスタミナ勝負になっているし、むしろスタミナ勝負が向かなかったのでは?

4人気△ヒシゲッコウは、10着。
5人気△ホウオウサーベルは、11着。
前走2勝クラス1着馬は、結果的には過剰人気だった。

降級制度廃止で、今年の2勝クラスのレベルは低いと各所で指摘されている。
ところが、
4着馬は前走2勝クラス5着、5着馬は前走1勝クラス1着。
これだから競馬は難しい(おもしろい)。
(4着5着馬は、勝ちに行く競馬はしていないということはありますが)


2019年10月19日土曜日

菊花賞【予想】~愛が生まれた日~

過去の穴馬に多いのは、
「前走重賞なら、4着内または4人気内」
「前走条件クラスなら、重賞出走経験あり(中位着順以上)」
「良馬場なら、2000m超実績は不要」
「8枠以外」

サトノルークス
前走条件クラスの馬が穴人気しているが、それに逆らって皐月賞・ダービー両方に出走している馬を◎と☆にします。
この馬は、前走馬群の中から差してきた。
春は穴人気の方が先行していたが、秋になってようやく走れるような状態になってきたのでは?

○ヴェロックス
▲ワールドプレミア
タガノディアマンテ  ダービーはローテきつかった。叩き一変期待。
△ニシノデイジー
△ヒシゲッコウ
△ホウオウサーベル


私の好きな名曲シリーズ(G1恒例)

「愛が生まれた日」藤谷美和子&大内義昭  1994年(平成6年)
作詞:秋元康 作曲:羽場仁志 編曲:萩田光雄

藤谷美和子さんは、今どうしているのだろうか・・・
大内義昭さんは、55歳で亡くなられているんですね。



2019年10月18日金曜日

富士S【予想】

波乱が多い重賞だったが、近年は堅めの結果になることも多い。
過去の穴馬に多いのは、
「マイル重賞実績(3着内)」(特に東京や外回り)

エメラルファイト
クロフネ産駒だし、マイルがベストでは?
朝日杯は上がり1位だったし、マイルで期待してみたい。

○アドマイヤマーズ
▲ノームコア
ジャンダルム  前走復調気配
△ロジクライ
△レイエンダ
△レッドオルガ

2019年10月14日月曜日

秋華賞[回顧]

5着までオークス出走馬。
3着までG1で3着内あり。

1着 ▲クロノジェネシス(4人気)
2着 △カレンブーケドール(2人気)
3着  シゲルピンクダイヤ(10人気)

勝ちタイムは、1:59.9(稍重)。上がり36.4。

前日が不良馬場。
稍重まで回復したが、京都にしては時計がかかる馬場。

12.3-10.7-11.6-11.8-11.9-12.7-12.5-12.0-12.3-12.1
前半3F34.64F46.45F58.3 後半5F61.64F48.93F36.4

前後半差3,3秒のハイペース。
ただ、3角前から3角で12.7-12.5と少し息を入れている。
それで、ラスト1F12.1とバテバテにはならなかった。
(前後半差3,3秒なら、ラスト1F12.7以上かかって不思議ない)

1着▲クロノジェネシスは、好位追走から完勝。
+20キロは、馬体も気性も成長したということだろう。
2週前や1週前の調教の動きが春に比べ物足りないという評があったが、気性が落ち着いたからか。
夏はノーザンファーム早来での調整。

2着△カレンブーケドールは、オークス2着の能力を発揮した。
紫苑Sは叩き台の仕上げだったのだろう。

3着シゲルピンクダイヤは、後方追走、4角でサトノダムゼルを外へ弾き飛ばし、直線は桜花賞2着の末脚を再現した(上がり1位)。
前走は前に行き伸びきれず、戦法を戻したのが良かったか。
この馬の取捨については、距離をどうみるかにかかっていた。
個人的には迷いに迷って、道悪ならスタミナ必要と捨ててしまった・・・

4着シャドウディーヴァは、栗東滞在で大幅に良化したことが好走につながったか。
左回りならさらに楽しみ?

5着ビーチサンバは、先行馬壊滅の流れでよく頑張った。
前に行けなかった馬が(前走はしばらくしてから前に)、これだけ逃げれるとは、道悪得意か?

1人気○ダノンファンタジーは、8着。
展開による距離なのか?馬場なのか?

3人気△エスポワールは、9着。
結果的に過剰人気だった。
前走の2着3着馬の次走は・・・(5着)

◎としたパッシングスルーは、10着。
紫苑Sのメンバーレベルの問題か(カレンブーケドールは叩き台の仕上げ)。
道悪でスタミナ必要なら、ダイワメジャー産駒よりルーラーシップ産駒と思ってしまった・・・
(そんなことより王道ローズS組を重視すべきだった)


2019年10月13日日曜日

府中牝馬S【予想】

前日東京良馬場とは驚きです。
当日は昼から雨が降るのか?

過去の穴馬に多いのは、
「重賞連対実績」
「1800m実績」
「東京実績」「阪神外実績」

レッドランディーニ
マーメイドSは、ハンデ差があったとはいえスカーレットカラーに先着。
スカーレットカラーが人気なら、この馬にもチャンスがあるのでは?
問題は仕上がりですが・・・

○ラッキーライラック
▲プリモシーン
サトノガーネット  前走上がり2位、直線長いコース期待
△スカーレットカラー
△クロコスミア
△カンタービレ


2019年10月12日土曜日

秋華賞【予想】~ヒーロー~

大型台風到来で東日本は競馬どころではないようですが・・・

過去の穴馬に多いのは、
「好位~中位差し」
「重賞3着内実績」
「前走ローズS」

パッシングスルー
新馬1勝後、重賞連続出走させていたということは、かなりの期待馬だったか?
道悪の平均ペースになれば向きそうな気がする。
外枠が問題だが、馬場次第でむしろ有利になるかも?

○ダノンファンタジー
▲クロノジェネシス
ブランノワール
距離延長の前走を見る限り、さらに延長もこなせるのでは?
他の前走2勝クラス1着馬2頭と人気に差があり過ぎに感じる。
△カレンブーケドール
△エスポワール
△コントラチェック


 <私の好きな名曲シリーズ(G1恒例)

「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO」麻倉未稀  1984年(昭和59年)
作詞・作曲:Jim Steinman, Dean Pitchford 日本語詞:売野雅勇

ラグビーといえば、この曲。
 

近年の麻倉未稀のヒーローは、こちら
https://www.youtube.com/watch?v=ImggdrwK4PE(ブログに貼り付けての再生不可のため)
衰えより、さらに迫力が増している感。


2019年10月7日月曜日

凱旋門賞の馬券論~レースが終わって~

以下でのブックメーカーのオッズは「ウイリアムヒル」の発走直前のものを使用しています。
(各ブックメーカーで多少の差異があります)

1着ヴァルトガイストの単勝は、
JRA 34倍
ブックメーカー 17倍
JRAでヴァルトガイストの単勝を買った人は儲かりましたね。

JRAの1~3人気の外国馬(エネイブルジャパンソットサス)の単勝オッズは、ブックメーカーとほぼ同じでした。

しかし、ガイヤース・マジカル・ヴァルトガイストの中穴3頭のオッズは、
ガイヤース JRA19.4倍 ブックメーカー12倍
マジカル JRA21.0倍 ブックメーカー10倍
ヴァルトガイスト JRA34.4倍 ブックメーカー17倍
JRAとブックメーカーとで、結構差がありますね。
ちなみに、私が買ったのはガイヤースとマジカルの単勝2頭買いです(馬券下手^^)(3頭買いにしていれば・・)

日本馬のオッズは、
フィエールマン JRA11.1倍 ブックメーカー(金曜)21倍(直前)51倍
ブラストワンピース JRA18.1倍 ブックメーカー(金曜)41倍(直前)101倍
キセキ JRA19.4倍 ブックメーカー(金曜)67倍(直前)126倍
ブックメーカーでは、日本馬のオッズが金曜から直前にかけて大きく変化しています。
これは、馬場が重馬場になったからでしょう。
ブックメーカーのオッズからは、日本馬は(重馬場では)絶望的でした。
逆に良馬場なら日本馬に少し可能性はあったというオッズです。


【追記】
レース全体の上がり3ハロンは、38秒88。
勝ったヴァルトガイストの自身上がりは、38秒08。
馬場と展開がヴァルトガイストに向いたということでしょうか。


2019年10月5日土曜日

凱旋門賞【予想】

海外はいつも予想しないですが、凱旋門賞だけは毎年予想しているので今年も予想します(回顧は無し)。

過去の穴馬に多いのは、
「前走9月G1G2」(8月末含む)
「3歳4歳」

ガイヤース
前走バーデン大賞は、14馬身差の圧勝。
スタート後しばらくして先頭に立ち逃げきった。
これはゴドルフィン期待馬の本格化ではないか?
netkeiba土曜夜の50倍はないだろう(15倍でもおかしくない)。

○エネイブル
▲ジャパン
フレンチキング  勢いある
△ソットサス
△マジカル
△ヴァルトガイスト