2021年10月23日土曜日

菊花賞【予想】

 今年は阪神だが、

京都での過去の穴馬に多いのは、

「重賞出走経験」(前走条件クラス)

「ダービー9着以内または9人気以内」

「好位~中位」


ヴァイスメテオール

長い距離実績のある馬を狙うつもりでしたが、気が変わりました。

そういう馬たちはG1で通用するのか?という疑問が大きいからです。

この馬の前走は、相手が弱かったとはいえ強い勝ち方だった。

距離に不安があるが、この馬はG1級の可能性は感じる馬。

ラジオNIKKEI賞以来のローテはフィエールマンと同じ。

この枠から丸山騎手がどう乗るかが大いに問題ですが・・・


○レッドジェネシス

▲ステラヴェローチェ

モンテディオ  神戸新聞杯3着馬なら菊好走多い

△オーソクレース

△タイトルホルダー

△アサマノイタズラ



2021年10月22日金曜日

富士S【予想】

 昨年からG2となった。

かつては波乱重賞だったが、近年は堅めの結果になることが多い。

過去の穴馬に多いのは、

「マイル重賞実績(3着内)」(特に東京や外回り)

「3歳~5歳」


バスラットレオン

前走は発馬直後につまづいて後方に。

元々坂井瑠星騎手が乗っていた馬だし、スタートさえうまくいけばニュージーランドT圧勝の能力発揮を期待できるのでは。


○ソングライン

▲ロータスランド

タイムトゥヘヴン  距離短縮・休養明け2走目で変身

△ダノンザキッド

△ザダル

△ワグネリアン



2021年10月18日月曜日

秋華賞[回顧]

 1着 ▲アカイトリノムスメ(4人気)

2着 △ファインルージュ(2人気)

3着 △アンドヴァラナウト(3人気)


勝ちタイムは、2:01.2(良)。上がり36.5。


朝は稍重だったが、5Rからは良。

この日、外回りは良のタイムだが、内回りは重に近いタイム。

これは雨が止んだ後の阪神芝でありがちなパターン。

この日の内回りは重めの良馬場。

それで極端なスローでもないのに、2:01.2と時計がかかった。


12.8-11.6-12.2-12.3-12.3-12.0-11.5-11.3-12.3-12.9

前半3F36.64F48.95F61.2

後半3F36.54F48.05F60.0


スローからの上がり4Fからの加速。

上がり2Fが12.3-12.9とかかっているが、これは風の影響もある。

直線向かい風の強風。


1着▲アカイトリノムスメ

2着△ファインルージュ

3着△アンドヴァラナウト

この3頭はG1級の能力を発揮しました。

今回はこの順番の順位になりましたが、ちょっとしたことでこの順位は変わりそう?。

枠順の差や道中のちょっとした不利の差で、今回はこの順番になったという印象。

今後のG1での活躍が楽しみな3頭。


4着◎エイシンヒテンは、期待にこたえてくれましたが、G1級3頭の壁にはばまれました。

G1級2頭が凡走したのに、まだ3頭のG1級がいたという今年のレベル高過ぎ。


5着スライリーは、前走紫苑Sで◎にした馬。

(前走でこれだけ走れば3着内だったのに・・・)

掛かる気性でうまく折り合えれば、これくらい走れる馬。


1人気○ソダシは、10着。

歯が折れていたという(ゲートでぶつけたのか)。

ゲート入り前の集合の段階から競馬を嫌がっていたという。

気性難が出てきたのか?それとも今回だけか?心配。


金子真人氏にとっては、ソダシが負けてもアカイトリノムスメが1着。

いつもながら金子氏はすごいとあきれるばかり。


5人気無印ユーバーレーベンは、13着。

状態が整っているのか心配でしたが、結果はその通り。



2021年10月16日土曜日

秋華賞【予想】

 今年は阪神ですが、

京都での過去の穴馬に多いのは、

「重賞3着内実績(または2000m特別1着実績)」

「差し馬」(好位~中位)(道悪なら後方も)

「休養明け2走目」


エイシンヒテン

父エイシンヒカリ(父ディープ)は、毎日王冠1着、2000m香港C1着、仏イスパーン賞G1(1800m重)1着。

時計のかかる2000mはベストかもしれない(雨の影響は予想時点で不明)。

(良馬場でも上がりがかかる馬場、たぶん)

キャリア11戦だが、使うほど調子が良くなり、気性面も成長してきたと解釈したい。

右回りの方がいいらしい。


○ソダシ

▲アカイトリノムスメ

サルファーコスモス  レースぶりは距離延長こなせそう

△アンドヴァラナウト

△ファインルージュ

△アールドヴィーヴル



2021年10月15日金曜日

府中牝馬S【予想】

 過去の穴馬に多いのは、

「東京実績・左回り実績」

「1800m実績」

「中5週~2か月半」


シゲルピンクダイヤ

2走前Vマイルは、1着馬が化け物で、2着馬とこの馬との差は0.1差。

ムラな気性で、前走の大敗は気にする必要はないだろう。

気分よく走れば、上位争いのはず。


○マジックキャッスル

▲デゼル

リアアメリア  初ブリンカー

△ドナアトラエンテ

△シャドウディーヴァ

△スマートリアン



2021年10月10日日曜日

毎日王冠【予想】

 近年は堅めの傾向。

過去の穴馬に多いのは、

「重賞実績」

「前2走で2000m以上に出走あり」

「左回り実績」

「8番以内」


サンレイポケット

昨年は2着とハナ差の3着。

2走前も4走前もポタジェと接戦していて、ポタジェと人気に差があり過ぎに感じる。

前走は途中で動いたせいか?今回は直線向くまでじっくりと追い出せば。


○ダノンキングリー

▲シュネルマイスター

マイネルファンロン  前走の上がり1位にビックリ

△ヴァンドギャルド

△ポタジェ

△ケイデンスコール



2021年10月9日土曜日

京都大賞典【予想】

 今年は阪神なので、過去の穴傾向は使えない。

穴馬の条件を予想すると、

「重賞連対実績」

「阪神実績」

「内枠」


ダンビュライト

2年前2着(京都だが)。

2走前京都記念3着は阪神だし、阪神でも問題ないだろう。

2年前2着は大阪杯以来で、2走前も4ヶ月ぶり。久々の方が走る馬。


○ヒートオンビート

▲アリストテレス

オセアグレイト  有馬記念9着ならそんなに差はないはず

△ステイフーリッシュ

△キセキ

△アイアンバローズ



2021年10月8日金曜日

サウジアラビアRC【予想】

 いちょうSの時から堅い傾向。

重賞となって過去6年の穴馬3頭は、

「前走左回り(新潟)」

「中4週~5週」


ロードリライアブル

前走は、逃げるつもりは無かったのに我慢しきれずハナに立つ競馬。

今回はどんな競馬になるかわからないが、距離短縮がいい方に出れば。


○ステルナティーア

▲コマンドライン

ケッツァー  父フェノーメノなら小回りより東京でこそ

△スタニングローズ

△ウナギノボリ